地上デジタル放送

地デジを見るために必要なこと

当サイトを読むと、地デジの全体像が、しっかりと理解できます。

地上デジタル放送って何?さっぱり分からない。という人のための、

地デジの情報サイトです。


当サイトの内容を最後まで読めば、

 「私の家で地デジを見るには、こういう作業が必要なんだな。 」

 「なるほど~。地デジってこういうものなんだ。よく分かったよ! 」

 このように、地上デジタル放送が、カンタンに理解できます。


地デジの基本を理解してから、地デジが見られるようになるまで。

これらの情報をちゃんと理解するまでに、10分くらいかかります。

・地デジになって変わること。

・地デジを見るためには、何をすればいいのか?

・必要な機器は?また、どのくらい費用がかかるのか?


これらの情報を、10分後のあなたは、理解することができるのです。


それでは地デジについてご説明します。



 地デジになって変わること

 

地上デジタル放送で変わることと言えば、

「2011年には、あなたのテレビは見れなくなります。」

「デジタル放送を見るための準備 or 工事をしてね」 ということです。


 2011年7月には、今のテレビ(アナログ)が見られなくなります。

 何もしなければ、テレビが全く映らなくなります。

 一切、何も映らなくなります。


2011年までに、地デジのための準備や工事をしなければいけません。


このため、ものすごく風当たりが強いですね。

低所得者にとっては、結構負担がキツイですし。

地デジに移行するための費用は各家庭ごとに違うのですが、

人によっては10万円を超えるケースがあります。

安くでも6万円くらいかかりますし・・・(^^;)  この出費については後で話します。


では、地デジになった場合。何が変わるのでしょうか?

メリットはあるのか?デメリットはあるのか?

そこらへんを具体的にしていきます。



 地デジのメリット

 

 地上デジタル放送が始まると、画像がきれいになります。

 旅番組なんかを見るときは、最高にキレイな映像で表示されます。

 アナログ放送のときとは、キレイさのレベルが違います。


 今のままでも見れるし、それほど興味ないなあ。という人も多いですけど(^^;)


まあ、地デジのメリットはその他にもいくつかありまして。

テレビと通信回線が繋がっているため、クイズ番組に参加したりできるんですよね。


例えば、オールスター感謝祭とかで、自分の回答をテレビ局に送信したり。

その結果、テレビは一方的に見るだけのものではなく、

みんなが参加するもの。双方向のコミュニケーションになると。


今後、地デジに対応した家庭が増えていけば、

テレビ番組の作りも変わってくるでしょう。

少しだけ、テレビの内容がおもしろくなるのは事実です。


あとは、通販番組にテレビを通して買い物する。ということも可能になります。

リモコンを使い、データを送信するだけで、買い物できる。

そんな便利なことが可能になります。


最後のメリットは、「連動データ」と呼ばれるものです。
地デジはテレビと通信回線が繋がっているため、

テレビからデータを呼び出すことができます。


イメージ的には、テレビでインターネットを楽しむようなものですね。


この連動データの使い方は、

サッカーの試合を見ているときなどに活用しやすいです。


サッカーの試合で、気になる選手がいた

連動データで、その選手のデータを呼び出す

サッカーの試合を見ながら、選手のデータを見る。


連動データの使い道は、この他にもたくさんあります。

連動データを活用することで、テレビがまた少し楽しくなるわけです。


このように、地上デジタル放送とは、結構いいこともあるのです。

色々と悪く言われていますが、テレビ視聴者にとって、

プラスになることも多くあります。 では、メリットの紹介はここまでにして、

地デジのデメリットについても知っておきましょう。



 地デジのデメリット

 


地上デジタル放送が始まることは、いいことばかりではありません。

デメリットもばっちりあります。


1番大きなデメリットは、地デジに移行するための費用。それと手間ですね。

費用に関しては、各家庭ごとに違いますが、

 少なく見積もっても、6万円。多ければ10万円を超えます。

 この出費は痛いです。(費用の内訳については後で解説)


 また、手間もかかります。

 地上デジタル放送を見るためには、テレビを買い換えるだけでは無理です。


UHFアンテナ、アンテナの向きの確認、

地デジ用のテレビ(またはチューナー)、対応エリア確認。


こういったことを、何も知らないユーザーがやるのは大変です。

人によっては、アンテナの設置を業者に依頼する必要もあります。


これだけの手間と費用がかかれば、反対意見も多くなるのも納得です。

ですが、国策で決まったことですし、いまさら変更も期待できません。


愚痴はここまでにして、地デジを見るために必要なことを知っておきましょう。



 地デジを見るためには何をすればいいの?

 


地上デジタル放送を見るためには、大きく分けて3つのことが必要です。


① 地デジの、対応エリアの確認

② UHFアンテナの設置

③ 地デジ対応テレビを購入(または地デジチューナーを購入)


 以上の3つをクリアすると、あなたの家のテレビで、

 地上デジタル放送を見ることが出来ます。


 ちなみに、この3つの条件は、必ずクリアする必要があります。

 どれか1つでも欠けたら、見られなくなりますので注意しましょう。


 それでは、一つづつ確認していきましょう。

 


 地デジ準備その① 対応エリアの確認 

 

地上デジタル放送の開始は2011年。それまでには、

全国が対応エリアになります。しかし、現在では一部の地域で、

地デジに対応していない地域があります。

そういった地域では、いくら地デジの準備をしても、地デジが映りません。


首都圏などの都会は大丈夫ですが。

地方ですと、対応していない地域が多いです。

あなたの住んでいる地域が、地デジ対応エリアか?

確認しておきましょう。


地デジ対応エリア(総務省情報)

↓ ↓ ↓
http://www.dpa.or.jp/chideji/schedule/index.html



 地デジ準備その② UHF アンテナの設置 

 

地上デジタル放送を受信するためには、

UHFアンテナというアンテナが必要になります。

※VHFなど、他のアンテナでは見れなません・・・。地デジはUHFアンテナのみ。


今のテレビ用に使っているアンテナが、UHFアンテナであればいいのですが、

もし、違うアンテナを使っている場合は、買い換える必要があります。


このアンテナの価格は、6,000~8,000 円程度。

最安値の商品を探せば、もっと安く手に入ります。

なので、アンテナ自体はそれほど痛手ではないですが。


アンテナ設置が大変です。

インターネットに自分で接続できないような、機械が苦手な方にとっては、

地デジの設定は難しいかもしれません。

 正直、機械に強い人でも、 アンテナの設置はかなりの手間です。

 常識で考えて、素人がアンテナの設置なんてできません。

※ちなみに、室内アンテナの設置は、電波が強い地域限定のようです。


アンテナの設置は難しいので、

業者にお願いして、設置してもらう場合がほとんどです。

この工事には、しっかりと工事費用がかかります。


そして、この費用は「自己負担」です。

業者によって、設置料金は違いますが、3万円程度見積もっておいてください。


今使っているテレビのアンテナが、UHFアンテナであればラッキーです。

アンテナに関しては何もしなくていい。そういう状況になるかもしれません。


また、あマンションなどの集合住宅に住んでいる方は、

管理人さんへアンテナの種類を聞いてみましょう。

UHFアンテナであれば、すぐにでも地デジに移行できる可能性が高いです。



 地デジ準備その③ 地デジ用TV またはチューナーの購入

 

地上デジタル放送を見るためには、

地デジ対応のTVを買うか、受信用のチューナーを買う必要があります。


なぜ、このようなものが必要なのか、長くなるので詳しい説明は省略します。

理由を一言で言えば、

UHFアンテナで受信したデータを、テレビで表示させるため。

そう考えてくれれば結構です。


話を戻します。

地上デジタル放送に対応したテレビを買うと、費用がかさみます。

最近は安くなってきていますが。

地デジ対応テレビは、10万円以上するのが普通です。

最安値ものをがんばって探せば、4万円~5万円で購入できる場合もありますが。


この出費は痛いです。どうにかしたい。


そこで、地上デジタル放送のテレビを買わずに、

今までのテレビで地デジを見る方法があります。


それが、「チューナーを買う」という選択肢です。

この地デジ用のチューナーは、

地デジ対応テレビに搭載されている、受信装置の役割を果たします。

そのため、今まで使っていたTVにくっつけると、

地デジ対応テレビと、同じ働きをしてくれるのです。


地デジ対応のチューナーは、2万円程度で購入できます。

地デジ対応テレビを買うより、ずっと安上がりです。


電気屋さんで、「地デジ用のチューナーください」といえば、通じます。

対応テレビを買いたくない人は、チューナーを買いましょう。



 地デジ準備 まとめ

 

地上デジタル放送を、あなたの家で見るための条件。

① 地デジの、対応エリアの確認

② UHFアンテナの設置

③ 地デジ対応テレビを購入(または地デジチューナーを購入)


今言った、この3つの条件を、全て実行する必要があります。

大変かもしれませんが、地デジを見るためには、欠かせないことです。